気づき・発想・創造・成功・テクニック - 至極の成功哲学をダイレクトにあなたの潜在意識へ




スポンサード リンク


スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
正反対の賢明な方法
2007-11-15 Thu 07:07

偉大な実績への飛躍を遂げた企業は、「会社の事業に皆で情熱を傾けよう」と呼びかけたわけではない。正反対の賢明な方法をとっている。


つまり、自分たちが情熱を燃やせることだけに取り組む方針をとっている。キンバリー・クラークの経営陣が消費者向け紙製品事業に移行したとき、この事業の方が情熱をもてることが大きな理由であった。ある経営幹部は、それまで主力だった製紙事業も悪くはないが、「紙おむつのようなカリスマ性がない」と語っている。




ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則
ジェームズ・C. コリンズ(山岡洋一訳)
日経BP出版センター より引用





今日の成功法則は潜在意識に入りましたか?

「1分間でスラスラ入る成功法則」もランキングしていますので
クリック是非お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
別窓 | ビジネス
| 潜在意識にインプット!1分間でスラスラ入る成功法則 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。