気づき・発想・創造・成功・テクニック - 至極の成功哲学をダイレクトにあなたの潜在意識へ




スポンサード リンク


スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
信念によって
2006-12-29 Fri 08:08

深層自己説得の技術は、願望の実現に大きなかかわり合いを持っている。そして信念は、この深層自己説得の技術によって潜在意識に埋め込まれた願望を“現実化”するための原動力となるものである。


信念というものは、願望という、形を持たない一種の思考を、物理的な実態(たとえば金)あるいは現象的事実(たとえばスポーツで優勝する)に転換するのである。すなわち信念によって、思考は紛れもなく現実化するのだ。




思考は現実化する
ナポレオン・ヒル(田中孝顕訳)
きこ書房 より引用







人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
別窓 | 成功 | トラックバック:0
目的を見出す
2006-12-28 Thu 08:08

世間には「何か面白いことがないか」などと、世の中に面白さを期待する人もいるが、はっきりいって世の中は面白くない。面白いはずの恋愛さえ、2~3年もすれば飽きて面白くなくなるのだから、仕事や練習が面白いはずがない。


世の中には「面白いこと」や「やり甲斐のある仕事」が転がっているわけではなく、そういうものは自分がそこに見出す目的によってつくられる。


人生の目的が見つかる魔法の杖
西田 文郎
現代書林 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | 人生 | トラックバック:0
経営陣の回転のパターン
2006-12-27 Wed 08:08

飛躍した企業では、経営陣の離職時期が両極端に分かれていた。バスに長期にわたって乗りつづけているか、そうでなければごく早い時期にバスから降りている。


言い換えれば、飛躍した企業では、経営陣の回転率が高いわけではないが、回転のパターンがすぐれている。



ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則
ジェームズ・C. コリンズ(山岡洋一訳)
日経BP出版センター より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | ビジネス | トラックバック:0
なぜ銀行は変動金利を勧めるのだろう?
2006-12-26 Tue 20:05

しかし、銀行員がしつこく変動金利を勧めてきたら要注意です。


銀行員は、金利の専門家であるはずです。その専門家が将来高金利となるリスクをとりたくないときに、金利の素人であるサラリーマンがそのリスクをとることに正当性はあるでしょうか。




最新版投資戦略の発想法
木村剛
アスコム より引用







人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | 投資 | トラックバック:0
脳内パソコンの性能を高める
2006-12-26 Tue 20:04

コンピューターのスペース・キー(もしくは変換キー)を押して文字を変換するように、体感した情報を自分独自のものに形を変え、オリジナルな項目が次々と出てくるようになるのが目標です。


簡単ではありませんが、「脳内パソコン」の性能を高めていけば、必ずやオリジナリティ溢れる変換能力が得られるようになる、と僕は確信しています。


「自分プロデュース」術―どうしても、すぐ変わりたい人へ
おちまさと
PHP研究所 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | ビジネス | トラックバック:0
人材こそが最も重要な資産?
2006-12-22 Fri 08:08

ニューコアは「人材こそが最も重要な資産だ」という格言を否定している。


偉大な企業への飛躍に際して、人材は最重要の資産ではない。適切な人材こそがもっとも重要な資産なのだ。



ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則
ジェームズ・C. コリンズ(山岡洋一訳)
日経BP出版センター より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | ビジネス | トラックバック:0
夢を語る
2006-12-21 Thu 08:08

大学で要職に就いてからは、事業費とか他の分野の研究費などの予算獲得にも奔走するようになり、いつしか私は「金集めの名人」なる称号をちょうだいするようになりました。


そうした経験から体得したのは、お金がほしいときに「お金がほしい」ということだけを強調してはいけないということです。むしろ夢を語り、人にはホラ吹きと言われても自分の信念を語りつづけることです。


「抜く」技術
上原春男
サンマーク出版 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | ビジネス | トラックバック:0
賞金王も負けているほうが多い
2006-12-20 Wed 08:08

たとえばゴルフならば、賞金王を獲得するような選手でさえも、出場した試合すべてに勝つのは事実上不可能で、年間の優勝回数は1、2回だったりする。つまり、負けているほうが多いのだ。


下世話な話になるが、たとえば競馬だ。小さな勝ちをコツコツ積み重ねても、大勝負にいったレースで負ければトータルでマイナスになる。逆に、なかなか的中しなくても、勝負レースで大きくプラスに浮上するケースもある。この場合、勝ち負けをつけるとしたらどうなるか。勝率なら前者だが、トータルの勝敗となると後者の勝ちであることはいうまでもない。


人は、なぜ負けパターンにはまるのか? 泥沼から抜け出し、「勝ち」をつかむ心理学
佐藤 雅幸
ダイヤモンド社 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | 心理 | トラックバック:0
目的と目標
2006-12-19 Tue 08:08

目的と目標はとてもよく似ている。取り違えるのも無理はないぐらいそっくりな顔をしている。けれどこの2つには、じつは天と地ほども大きな違いがあるのだ。


あなたには目標がないのか、それとも目的がないのか。自分にはいったいどちらがないのか、そのことをはっきりさせておく必要がある。



人生の目的が見つかる魔法の杖
西田 文郎
現代書林 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | 人生 | トラックバック:0
「脳内パソコン」に記憶をストックするポイント
2006-12-18 Mon 08:08

身の回りで起こったことや、人から聞いたおもしろい話しなどは記憶しておき、脳内パソコンにどんどんストックしていくようにしています。
その際、必ず誰かに話してからストックするのがポイントです。


というのも、他人(僕の場合は、マネージャーやスタッフ、妻など信頼できる人)に話すことで、記憶した内容が整理できると同時に、自分が今ストックしようとしている記憶が、他人も共感し、ストックに値するものかどうかをセルフ・チェックできるからです。


「自分プロデュース」術―どうしても、すぐ変わりたい人へ
おちまさと
PHP研究所 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | 成功 | トラックバック:0
考え方で大切なこと
2006-12-15 Fri 08:08

せっかく勝つために考えているのに、考え込んでいると余計にわからない方向に行ってしまう。


大切なのは適度に考えて、適度に考えるのをやめることだ。



20年間無敗の雀鬼が明かす「勝負哲学」
桜井 章一
三笠書房 より引用







人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking


別窓 | 人生 | トラックバック:0
願望を受け入れようとする心の準備
2006-12-14 Thu 08:08

単なる望みを持つことと、願望を現実のものとして受け入れようと心の準備をすることは、もともとまったく違うことなのである。


必ず実現すると心から信じないかぎり、願望を受け入れようとする心の準備はできない。
それにはまず信念をもつことが必要である。
そして、信念を持つには心を開くことが必要となる。つまり素直さと心のゆとりが必要なのだ。心を閉ざしていては信念や勇気は湧きようがない。



思考は現実化する
ナポレオン・ヒル(田中孝顕訳)
きこ書房 より引用







人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking


別窓 | 成功 | トラックバック:0
生活水準を管理する
2006-12-13 Wed 08:08

借金をしている人は、借金をしている理由を分析しましょう。生活費の一部としておカネを借りているなら、まずは、生活水準を落とすのが先決です。


生活水準を管理できない人は、投資を管理することなど絶対にできません。



最新版投資戦略の発想法
木村剛
アスコム より引用







人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking


別窓 | 投資 | トラックバック:0
内部の人材の変革
2006-12-12 Tue 08:08

偉大な企業への飛躍を導いた11人のCEOのうち10人は社内からの昇進であり、うち3人は創業一族の一員である。


比較対象企業は外部の人材を招聘した頻度が6倍も高かったが、偉大な実績を持続させることができなかった。


ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則
ジェームズ・C. コリンズ(山岡洋一訳)
日経BP出版センター より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking


別窓 | ビジネス | トラックバック:0
セルフ・プロデュースの第一歩
2006-12-11 Mon 08:08

要は、何事もみんなと同じ方向からではなく、自分という世界で一つの“ろ過装置”を使い、独自の視点から見ることです。


この“流されない”という当たり前のことが意外とむずかしいのですが、これがセルフ・プロデュースの第一歩なのではないでしょうか。
だからこそ、それさえできれば、とくべつなことをしなくても個性的な人になれるのです。


「自分プロデュース」術―どうしても、すぐ変わりたい人へ
おちまさと
PHP研究所 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking


別窓 | 成功 | トラックバック:0
相手方の立場に立って物事を考えるためには
2006-12-08 Fri 08:08

対談中にはあなたという言葉を使うこと


相手方の立場に立って物事を考え、相手方の立場からみた希望や欲望について話すべきである。これはあなた自身にとってきわめて利害関係の深い、そしてきわめて有利なことであるから、ぜひ実行すべきである。


私はどうして販売外交に成功したか
フランク・ベトガー(土屋健訳)
ダイヤモンド社 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | ビジネス | トラックバック:0
一貫性圧力を用いる際の鍵
2006-12-07 Thu 08:08

承諾誘導の世界では、利益のために一貫性圧力を用いる際の鍵となるのは、最初のコミットメントである。


コミットメント(つまり、自分の意見を言ったり、立場を明確にすること)をしてしまうと、人はそのコミットメントに合致した要請に同意しやすくなる。したがって、多くの承諾誘導の専門家は、後で要請しようとしている行動と一貫するような立場を最初にとらせるように誘導するのである。


影響力の武器
ロバート・B・チャルディーニ(社会行動研究会訳)
誠信書房 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | 心理 | トラックバック:0
仕返しをしてはならない
2006-12-06 Wed 08:08

私達は聖者と違って、自分の敵を愛すのは難しいかもしれない。けれども、自分自身の健康と幸福のために少なくとも敵を赦し、忘れてしまおう。これこそ、賢明というものだ。


仕返しをしてはならない。敵を傷つける前に自分を傷つける結果になるからだ。


道は開ける
デール カーネギー(香山 晶)
創元社 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | 人生 | トラックバック:0
人と会う力を取り戻そうと思ったら
2006-12-05 Tue 08:08

だからぼくは、人と会う力を取り戻そうと思ったら、約束や予定はなるべく少なくしようよ、と言いたい。


そうすれば、気持ちの負担を少しでも減らすことができるからだ。人と会う力は、場数を踏めば強くなるというものでもない。そんなものは苦痛なだけであって、いちばん大事なのは、会いたい人と会うことだ。それによって人と会うことの楽しさや、気持ちの弾みを思い出すことだ。


それでも「人と会おう!」
横澤彪
新講社 より引用





人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking


別窓 | 人生 | トラックバック:0
何を並べないか
2006-12-04 Mon 08:08

店の商品陳列なども同様で、何を並べるかではなく、何を並べないかを考えることに力点をおいたほうが話が早い。
小売店はともすると、自分達が売りたい商品を並べたがりますが、これは間違いです。


お客さんの買いたい商品こそを並べるのが何より肝心で、逆にいえば、売れないもの、すなわちお客さんの買いたい度が低いものから抜いていけばいいのです。そうすれば買いたいものだけが棚に残る。それがすなわち店に並べるべき商品なのです。


「抜く」技術
上原春男
サンマーク出版 より引用




人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | ビジネス | トラックバック:0
迷ったら・・・
2006-12-01 Fri 08:08

迷ったら、自分の場所に立ち戻れ


人間の「心」とは、どこかにあるものではなく、「戻る」ということなのだと私は思う。自然に戻る。ふるさとに帰る。基本に戻る。素直な気持ちに戻る。そういうことが「心」なのだ。


20年間無敗の雀鬼が明かす「勝負哲学」
桜井 章一
三笠書房 より引用







人生バイブルランダムウォークも参加
本・読書 人気blogランキングへ
本・雑誌 FC2 Blog Ranking

別窓 | 人生 | トラックバック:0
| 潜在意識にインプット!1分間でスラスラ入る成功法則 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。